写真展&トークショウ『family』

c0279371_033397.jpg


昨年から展開している野生動物の写真展、恐れ多くもトークショーをすることになりました。
詳しくはこちらへ↓
http://kokucheese.com/event/index/432816/



ケニア野生動物写真展 「Family ~親愛なるあなたへ~」

ネイチャーフォトグラファーの小澤里江氏によるギャラリートーク

(内 容)

この夏、20年間の集大成となる写真展を、
東京、大阪、山形、千葉で成功させた
ネイチャーフォトグラファーの小澤里江氏。

長年のケニア通いの末に生まれた珠玉の作品の数々について、
室内展示を行うとともに、
小澤氏本人による解説を交えながら紹介する
ギャラリートークショーを開催します!

(日時)平成28年11月18日(金)
   午後7時00分~午後9時00分

(場所)親交セミナールーム
 (千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル3F)
 JR総武線、東京メトロ「飯田橋」駅から徒歩4分
 JR総武線「水道橋」駅西口から徒歩5分

(参加費)1000円

(本人メッセージ)

「Family ~親愛なるあなたへ~」

テーマは家族。

私がケニアを何度も訪問する大きな理由の1つに、野生動物達の子供に対する命がけの愛 をとても強く感じ、魅かれるからです。
ゾウは母系家族、家族みんなで子供を守り育てます。移動する時も子供はいつも群れの真ん中。四方を囲まれ見えないように皆に守られながら行動します。
ライオンは父親を中心とする群れで行動し、雌が共同作業で子育てをします。
同じネコ科でもチーターやヒョウは母親一人で子育てです。子供をハイエナなどの外敵から守りながら獲物を得、狩りなど生きていくための術を全て教えていきます。

私が出合った、ある1シーン。

ヌーが新鮮な草を求めて、命を狙うワニが潜む川に飛び込み、流れに逆らい、川を渡ります。
おぼれてしまったり、怪我をしてしまったり、親子離れ離れになってしまったり、正に命がけです。
そこで、流されてしまった子供がいました。運良く中洲に上がることができましたが、お母さんとはぐれてしまい、子供は一生懸命お母さんを呼んでいます。
一方お母さんは渡った先で子供を必死に探しています。周りは川に飛び込む水の音や興奮したヌーの鳴き声で騒然としたパニック状態です。
でも、お母さんには子供の声が聞こえました。お母さんは渡り終えた川にまた飛び込み、子供がいる中洲に戻ってきました。
そこで1時間くらいぴったり体を寄せて、お乳をあげて、落ち着かせ、子供の体力回復を待って、一緒に渡って行きました。

マザーテレサは「世界平和のためにできることはなんですか?」という質問に対して言いました。
家に帰って家族を愛してあげてください。

Go home and love your family.

世界の平和は、まず、家族の平和から始まります。
平和はほほえみから始まります。

Peace begins with a smile.
c0279371_073770.jpg

c0279371_08441.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://insight13.exblog.jp/tb/26081361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by insight2013 | 2016-10-22 00:09 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

印彩都写真展の公式ブログ


by 印彩都
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30