「吽」

c0279371_22411353.jpg
続いて、雲母舟(kirafune)の2枚目は、

タイトル:「吽」
阿吽の「うん」です。
撮影地は、京都の岩戸落葉神社。
2015年11月14日撮影。
土砂降りの夕方でした。
大雨の中、傘を差しながらの撮影でしたが、落葉神社とはよく言ったもので、
雨に打たれた銀杏の葉がはらはらと辺り一面に落ち、
まるで黄金の絨毯が敷き詰められたかのように、静かに美しく輝いて見えました。

c0279371_2242823.jpg
今回は、2枚の作品を「阿吽」の対として出展しました。
一般的に、獅子・狛犬は向かって右側の獅子像が「阿形(あぎょう)」で口を開き、
左側の狛犬像が「吽形(うんぎょう)」で口を閉じています。

阿吽(あうん)とは、サンスクリット語で、仏教の呪文の1つ。
梵字では、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音。
そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされました。
また、対となる物を表す言葉としても使われています。

雨降る京の「春」と「秋」に
赤い鳥居を介して、宇宙とつながっているかのような神秘の空間を
対の作品として表現しました。

今年も阿吽の呼吸で、仲間とともに写真展を開催でき、
たくさんのみなさまにご覧いただきましたことを
心から感謝しています。

本当にありがとうございました。 雲母舟
[PR]
トラックバックURL : http://insight13.exblog.jp/tb/26119717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by insight2013 | 2016-11-03 22:50 | 写真展 | Trackback | Comments(0)

印彩都写真展の公式ブログ


by 印彩都
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31