<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2016年印彩都写真展出展作品のご紹介


11番目は「Le café de l'ange 」のangeです。



c0279371_21511568.jpg

タイトル 「BLUE MOMENT」 

(撮影地 千葉県 飯給駅)


大好きな小湊鉄道 

満開の桜と

尊敬する先生に

出会う事ができました

幸せな一日でした

また来年も会いに行きます♪







c0279371_21513772.jpg


タイトル 「くえ(九絵)~!!」 

(撮影地 東京都 築地)

寒い冬の日、初めての築地でくえと出会いました

深海魚なので海から出ると目が飛び出してしまうそうです

大きな口で「くえ~!!」って言っている様に見えました

この日から約2年間築地に通ってますが 

くえを超える写真は撮れてません^^;


[PR]
by insight2013 | 2016-11-15 08:00 | 写真展 | Trackback | Comments(0)

「吽」

c0279371_22411353.jpg
続いて、雲母舟(kirafune)の2枚目は、

タイトル:「吽」
阿吽の「うん」です。
撮影地は、京都の岩戸落葉神社。
2015年11月14日撮影。
土砂降りの夕方でした。
大雨の中、傘を差しながらの撮影でしたが、落葉神社とはよく言ったもので、
雨に打たれた銀杏の葉がはらはらと辺り一面に落ち、
まるで黄金の絨毯が敷き詰められたかのように、静かに美しく輝いて見えました。

c0279371_2242823.jpg
今回は、2枚の作品を「阿吽」の対として出展しました。
一般的に、獅子・狛犬は向かって右側の獅子像が「阿形(あぎょう)」で口を開き、
左側の狛犬像が「吽形(うんぎょう)」で口を閉じています。

阿吽(あうん)とは、サンスクリット語で、仏教の呪文の1つ。
梵字では、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音。
そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされました。
また、対となる物を表す言葉としても使われています。

雨降る京の「春」と「秋」に
赤い鳥居を介して、宇宙とつながっているかのような神秘の空間を
対の作品として表現しました。

今年も阿吽の呼吸で、仲間とともに写真展を開催でき、
たくさんのみなさまにご覧いただきましたことを
心から感謝しています。

本当にありがとうございました。 雲母舟
[PR]
by insight2013 | 2016-11-03 22:50 | 写真展 | Trackback | Comments(0)

「阿」

c0279371_22354562.jpg
「印彩都写真展2016」出展作品のご紹介
10番目は「雲母(KIRA)の舟に乗って」の雲母舟(kirafune)です。

タイトル:「阿」
阿吽の「あ」です。
撮影地は、京都の水火天満宮。
2016年4月1日雨の金曜日、1本の紅枝垂れの前に赤い傘を差した京女が佇んでいました。
天満宮にその日、その時間にたまたま居合わせた不思議なご縁。
とても雰囲気のある、素敵な女性でした。
撮らせてくれて、ありがとうございました。
[PR]
by insight2013 | 2016-11-01 22:28 | 写真展 | Trackback | Comments(0)